2013.03.31 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.12.23 Sunday

monochrome flowers


冬至も過ぎて寒さも一段と増してきましたが出かけるいとまの無いワタシは、街は色とりどりのイルミネーションに包まれたクリスマスの空気で華やかなんだろう、と想像してみる。それが過ぎると一気に新年を迎える彩色にとって代わる、慌ただしい時間。と言っても睡眠時間がこのところ多すぎるワタシ、昨夜はへんてこな夢を見てたようで・・・。

昭和30年代ぐらいの日本の未舗装の下町を友達と歩いているのだけれども、その友達は事有る毎にマンホールや土管やブロック塀の隙間に液体化しては吸い込まれて消えていく。かと思えばまた何処かから湧き出してくる・・・夢分析だといったい何を表すんだろう?ワタシの脳の仕業ではあるけれどワタシの想像を超えてるような。と、突然電話が鳴った午前4時前、飛び起きたものの電話には出られず。まったくぅ・・・。

その夢も人それぞれ見え方が違うのだとか。特に色に関しては「総天然色」もあれば「モノクローム」の人も。ワタシはモノクロの夢は見たことが無い。しかし「色」という情報は時として錯覚を起こしたりその他の情報をスポイルするのではと思う時がある。あえてモノクロで写真を撮ってみるとソレが良く解ったり。
きっとひとつの情報(色)が削られるとソレを補おうと脳が奮起するのか、柔らかいのか硬いのか冷たいのか熱いのか、ザラザラ・つるつる・・・。質感やテクスチャーは元より、立体感に関してはフルカラーより伝わってくるから不思議だ。そうして眺めていると、なんなら削がれたその「色」さえ感じる。錯覚なのか補正なのか。


なので、意図して影を強調して狙うことの面白さがここにあるのかもしれない。色を知らない何かのモノクロを見た時は一体どんな反応をするのだろう。

クリスマスの夜更けも暗い夜空と白い雪のモノクロで、サンタの衣装の赤やトナカイの茶色い毛も見えないのかも。良き聖夜でありますように。
2012.08.02 Thursday

刹那満開


そのタイミングを狙って2年ぶりの満開・・・滋賀県草津市立水生植物園「みずの森」へ早朝の高速を飛ばして行ってまいりました。昨年は見逃していた蓮の花、今年こそはと新天地へ。蓮は日の出とともに咲き始め昼前には閉じてしまうがゆえ、自宅出発だと範囲が限られてしまいます。が、そこは見たい気持ちが勝ります。今日は前置きはこの辺で・・・たくさん写真をアップしますのでご覧くださいませ。




straight 4


八重・蕾・一重


cup & saucer


flame




大鬼蓮




日傘を見上げて・・・タイタンビカス


spotlight 1


spotlight 2






2011.09.28 Wednesday

彼岸花@能勢町


少し暑さが戻っていますが、頬を撫でる風はどことなく涼しく乾燥して心地良いですね。夜は完全に20度を下回り、暑がりのワタシもさすがに掛け布団を出しましたが早速お腹を冷やしてしまい・・・。週末の雨から来週はグッと気温が下がるようです。しかし、エアコンを切って窓を全開にして走る山道は最高です!

と、本日は大先輩職人さんのアトリエにお邪魔する約束をしておりましたので、午前中の仕事はちょっとお休み、で、我が家の庭に咲いてくれない「彼岸花」をどうしても見たくなり・・・。棚田百選に選ばれている能勢町へドライブ。ちょっとだけ遅かったかな、でもアチコチの畦道に満開でございましてカメラに納めてまいりました。

何かと忌み嫌われる「彼岸花」。曼珠沙華とか天上花とか別名がイロイロとありますが、仏教や人の生き死に登場したり、人によってはお墓の周りに咲いているイメージがあるようで。それでも何故か昔から好きな花で、彼岸の頃にきっちり時計を合わせて花芽を地上に伸ばし華奢な構造の連続した対称性の持つリズム感や一見毒々しい深紅が美しく、群生の様は遠くからでも眼を引くこの花がワタシは大好きです。花は一週間ももたずに枯れて、伸びた茎も力無く倒れてから葉が出てくる不思議さも魅力のひとつかも。

カメラを手にしたオジサマ方に声を掛けられ「ベストアングルはやっぱりこの辺ですか?」とか「ちょっと遅かったけど綺麗に咲いてますなぁ」とか。ワタシは何故か年配の方によく話しかけられます・・・なんでやろ?で、コスモスも咲いておりましたわ。

仕事や普段のモヤモヤは山里へ出かけて美しい花々や緑を眼にすると、「ふぅー」、って体の中から抜けていきます。たまには平日の静かな日中にズル休みも、有り、です。
2011.06.21 Tuesday

ナンノハナ?

 
昨夜はスゴイ雷でした。コンクリートの家がビビる程の音圧。「地震・雷・火事・オヤジ」、すべて怖いのを経験してます、火事は実家の真隣りでしたが。で、この季節、もう夜も暑くなってきているので、庭側の窓を内からつっかえ棒してちょっとだけ開けて寝てるもんだから、そりゃスゴイ音と雨で寝不足ぎみ・・・ですが、この2・3日調子が悪いです。やたらと体に熱はこもるはお腹も下り気味、おまけに偏頭痛がひどくて、毎日頭痛薬にお世話になっており。

そんなもんで仕事も作品製作もチョンボばっかり・・・落ち着いて座ってられないし、気ばかり焦っているのか、慌てなくてもよさそうな日常でヘマばかりやっていてさらに追い打ち、です。なんかこういう時が周期的にありますね。何も手が付かない時はできるだけ何もしない方が良いようで・・・。で、こんな時は「花」。ホッとしますねぇ。

↑写真はちょっと前に撮ったモノですが、超クローズアップ!さて何の花でしょう?それにしてもものすごい数のオシベ!綺麗だけどちょいグロいか?答えは・・・・・・・・

サボテンでしたっ!しかもダブル咲き!以前の記事でサボテンの花を紹介したかと思いますが、2ついっぺんに咲いたのは何と5年ぶり!もう29歳以上のサボテン君ですが毎年毎年花を咲かせてワタシを楽しませてくれてます。フクシアもクレマチスもまだまだ蕾を付けては咲き続けておりまするよ、トケイソウの新芽だけは元気がありませんが。もう来月は蓮の季節、早起きして今年こそ「大賀蓮」の写真を撮りに行きますよ。
2011.04.28 Thursday

Close-Up


イマイチな天気、肌寒いです。昨日は夏日寸前だったのに・・・。さぁ、明日から黄金週間、ってワタシには関係なく、お仕事です。その上、自宅で仕事するようになって何時お休みなのかようワカリマセンわぁ。ワタシにとってはゴールデンウィークはホットカーペットを片付けるのが例年の行事(?)。しまっちゃうと突然寒くなったりするもので、普段の行いがそんなに悪いのでしょうか?

と、先日、何年ぶりでしょうか、花を買いました。クレマチス(和名=鉄線)とフクシア。数年前までは例の猫の額の庭で花はもちろん、茄子にミニトマト等々あれこれ育てました。ミニトマトは200〜300個が実を付けたので会社に持っていった程でした。が、ココロに余裕の無い昨今はスッカリ片付けて鉢ひとつ無かったんです。っていうかそういう時は植物はとことん枯れてしまいます、不思議なものです。

花はやっぱり良いですね、まさしくココロなごみ系。まず綺麗、で形状が楽しい、それから作品のモチーフにモッテコイ。いつも書いてますが何故にそんな形に色になるのか、コレが一番楽しくて不思議で感心してしまいます。ということで仕事風に超クローズアップで写真撮ってみましたのでお楽しみくださいませ!

↑はクレマチス。イソギンチャクか何か海の生き物のようですね。
これはお察しの通り、蒲公英(たんぽぽ、ってこう書くの?)のふわふわ。チングルマっていう高山植物も咲き終わりがこんな風にふわふわしてまして綺麗です。風に乗って遠くへ飛んでいく仕掛けはどうやって思いついたのでしょう?
こちらはちょっと遅くなりましたが今春の桜でございます。え〜、オシベは何本ありますか?昆虫には人間の眼には不可視な光線が見えるようで、花の真ん中が際立って見えるそうです。なので迷わず飛んでくるんだとか。花の仕掛けたトリップとも知らずにね。
最後にフクシア。鮮やかなショッキングピンクのアンビュバック(病院で見る手動式の人工呼吸器)のような蕾が開くと中からは対照的なバイオレットパープルの花弁がまた美しいです。ピヨーンと伸びるメシベも可憐です。下向きに垂れるように花を付けるのでハンギングにして高い視線で楽しむのがよいですね。花芽がじゃんじゃん付いてます、たくさん咲いてくださいまし〜ぃ。

トケイソウは今年は新芽がまだ出てません、昨年は山ほど咲いたんですけどね。こうして客観的に見ても、彼岸花やクレマチスとか蔓モノや細い花が大好きですね、ワタシは。今一番見てみたい花は・・・「月下美人」、夜咲くんですよ、神秘的です。
2011.03.06 Sunday

UME=Japanese apricot


曇りがちで寒い日でしたが、超久々にお散歩でございます。ワタシの家から徒歩15分程の所に「服部緑地公園」という大きな公園があります。そこに梅を見に行きました。8分咲きというところでしょうか?白・薄桃・濃桃と3色の梅。寒空にもかかわらずマットをひいてランチの人々。花はやはり心和みますねぇ。でも、普段の写真の撮り方が花を撮る時にも出てしまいます、やたらとクローズアップ・・・。

英語で梅は「Japanese apricot」だそうですが、アプリコットっていうとワタシの脳内ではジャムになってまする・・・。ちなみにスペイン語では「ciruelo」(シルエロ)、隠語的に「バカ・役立たず」だと・・・、何故?、悲しい感じです。「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」って、ことわざは聞いたことありますが。今年こそ我が家の猫の額の庭の桜も咲いてほしいなぁ。
2010.06.27 Sunday

Passiflora 'Incense'


今年の「トケイソウ」。Incense(インセンス)という種類で、その名の通り香りが強いらしい。なんだけどあんまり匂わないなぁ。色・形様々あって500種類ほどあるそうですが、うちのトケイソウはヒゲがウェーブしてる種類です。実が食べられるものもあっていわゆる「パッションフルーツ」です。こんな花の実なんです。10個ほど咲いていますがまだまだ毎日咲いてくれそうです。
2010.04.05 Monday

桜、再会?


あの峠の桜に再会する為、おぼろげな記憶を頼りに山道へ・・・

ひとつ、ふたつ、みっつ・・・峠を越えて。

昨年、偶然出会った散り際の桜。


再会ナラズ・・・何処デスカ?


残念ながら会えませんでした。しかし、迷った道々には桜が咲いていました。
1日に数台の車しか通らないであろう峠道でひっそりと・・・


また来年探しに行きます、再会できることを願いつつ・・・
2009.09.26 Saturday

黄色い彼岸花と鹿



秋晴れですが日中は30度をまだ越える夏日の大阪。暑いですがカラッといい気候です。
昼夜の気温差が庭の彼岸花の開花時計を働かせ満開ですが、今年は花数が少なく10本程度で残念です。その中に一昨年位から普通の赤い彼岸花に混じり黄色いものが咲き始めました。里山をドライブしていると田んぼのあぜにはコスモスと赤い彼岸花ですが黄色は見たことないですねぇ。

そう、先週の日曜日のこと。久々に弟と里山古民家撮影(いや、予定は未定)のドライブに山間へ。
稲も頭を垂れ一部稲刈りも始まり、撮影する被写体も逃しつつダラダラまたもやお得意の「国道9号」に出てしまい・・・今回は一人で無かったのがイケイケで走ること鳥取に(ヤッテシモタ)。しかも、到着は日もどっぷりと暮れた7時。腹も減ったので寿司を食い、慌ただしく大阪へトンボガエリ。

建設途中のバイパスを走り鳥取と兵庫の県境「粟倉」で下道へ。日曜の夜9時頃なので交通量もほぼ無く真っ暗な山道を走っていると、2台の対向車がパッシング。「こんな時間にこんな所で検問?」と思いながらさらに走っていると急に弟が「ストップ、ブレーキ、ブレーキ!!!」。

あんなフルブレーキは初めて。ワタシの車の5m前方にはナント野生の鹿がっ!!!
立派な角を生やした雄鹿、ワタシの背丈と同じぐらいあったでしょうか。鹿も驚き、4本の足は前へ突っ張り体は後ろへ。まるで漫画のような格好で、すぐさまくるりと向きを変え山の中に。

野生の動物と道で初めて遭遇した驚きと感動と鹿の大きさにビックリしつつ、もし激突していたらという恐怖でもう心臓はバクバク!!!衝突していたら車は大破、鹿も大怪我、こちらの命も危うかった。
あらためて動物と共生していることに気づかされながら12時に大阪へ帰宅しました。

その昔、同じく弟と島根の松江城への市街地の道すがら、前方の信号が赤になり減速していたワタシの車の前方にヨタヨタ降って来る鳥?車停止とともに大きなトンビがフロントガラスに「ドンっ」。何事も無かったかのように空へと舞い上がっていき・・・ドライブにはこんなこともあります、皆さんも十分注意されたし。


さて、今週の「蝉」はボディ本体下部・胸・腹部分の切り出しヤスリがけにて終了。
本日夕刻からダイアモンドの勉強会に出席、勉強してきま〜す。

2009.08.13 Thursday

トケイソウ



長雨に豪雨、そこに追い討ちの地震と厳しいことばかり続きますが、ようやく夏らしい太陽が頑張っていますね。暑いけれど夏は夏らしく。でもあぢぃ・・・

猫の額の庭の植物たち。もう随分クタビレテいたので3年位前に一掃して、以後増やさずにいました。
が、この春からつぶしたはずのトケイソウがツルを伸ばしはじめていました。ブログの中でも書いていましたが、一本のツルが枝分かれ(ツルワカレ?)して花芽をつけ、野良猫に花芽をつぶされながらもようやく満開と相成りました!

家にあった2種類のうち、花のヒゲがウェーブしているほうがツルを伸ばしていたんです!
ワタシ、やはりこの毒々しい色もヒゲの繊細さも風変わりな形も好きです。いつも思いますが植物に限らず自然のもつオリジナリティはどんな必然性をもって発展していくのでしょうか?不思議です。

このあと初秋には彼岸花が体内カレンダーどおりに芽をだし一斉に咲き、またその繊細さと鮮やかな色を楽しませてくれることでしょう。親戚からもらった鉄線(クレマチス)は来年までオアズケですが、いずれにせよ「線の細い」ものが好きなんだってことが植物をとおしてよくわかります。そんなことが仕事にも出ている感じです・・・

長野辺りへの予定は未定遠出ドライブは、地震の影響で東名高速から中央道に流れて混雑必至の為、秋口まで延期・・・西向きは宝塚でエラい渋滞だし・・・なので蝉の構造やってます。新たな作品のサンプルもシルバーで考案中。

みなさん、良い盆休み、夏休みをお過ごしくださいませ!!!


Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM