2013.03.31 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.03.28 Thursday

Pocket Merry-Go-Round 4


七十二侯・桜始開・さくらはじめてひらく。春雨が花粉を流してくれて少し楽な今日ですが、どうにも微妙に寒さが続いてます。猫の額の我が家の庭の桜も桃色の裾を覗かせて咲いて良いのか悪いのか悩んでおりますよ。植樹後10年経って初めて咲いた昨年より今年はたくさん蕾が膨らんでます。

「メリー・・・」はテーブル中央の支えになる柱と天蓋の骨組みを制作しました。これらのパーツは懐中時計を模したケース(後々制作予定)に納まる構造にしなければならないので、柱はちょうどカメラのズームレンズのように二段沈胴式に。天蓋骨組みはその柱の上面にロー付固定しますので下がりきった時に馬や馬車を避けるように6分割してあります。

この時点で想定しているケース内寸に一応納まっていますが、円錐状に張る天幕も載せたいわけです。しかも重力でたわんだ感じも表現したい、けど、そのパーツがたとえ折りたたみ式に制作・組み立てたとしても馬・馬車に干渉するしケース内寸に納まらない・・・。二律背反です。何か新たにアイデアを絞らねば。

カタチの解っているモノをツクルのは作業だけなので速いのですが、今回はココに結構な装飾というかテクスチャーを施さなければ豪華な感じにならないので、その作業が大変かなぁ、と、すでに半泣き・・・まぁ、楽しんでやりましょ。

さて、もう来月は4月、新年度が始まります。教室にもニューフェイスさんが来週からいらっしゃいます。こちらも楽しみです、どんなのツクってくれるかしら。何か新しいコトを始めてみるには良いタイミング、若干ですが教室に空きがございますので是非トライしてみては。お申し込みはホームページ・コンタクトより。
2013.03.20 Wednesday

Pocket Merry-Go-Round 3


春分・雀始巣・すずめはじめてすくう。鳥も猫も春がそこまで来たのを知ってかいつもより大きな鳴き声です。鳥の鳴き声は大きかろうが気にならないですが、猫のはちょっと怖い・・・。20年近く猫を飼っていたので春にどうなるか知ってはいるものの昼夜かまわずの野良猫の春の鳴き声は泣いてる小さな子供の声そっくりで、いささか不気味。でも近所の大きなモクレンも一気に花開きとてもゴージャスで我が家の桜も芽が膨らんできましたよ、楽しみだねぇ。

「Pocket・・・」は現在順調に進行中。3頭の馬をホントのメリーゴーランド同様上下に動かすためにギミックをば。ターンテーブルの中に馬の真ん中に付いたバーを上下させる超扁平のカムを(写真右上)。上下するパーツのクリアランスを取る為その内側にスペーサーを挿入(右下)。スペーサーとターンテーブルの摩擦軽減の為にスペーサー木端部をテーパー状に成形して接地面を減らしてあります。

テーブルの歯車は96歯。ココに冠歯車を接してその向きを直角に変えてリューズを回してテーブルを回転させてかつ、馬が上下する予定。ケース本体に対するリューズ中心部の付く位置を考慮してテーブル自体が上下するギミックも必要なのですが、この時テーブルと扁平カムがセットで移動しつつカムだけは回転しないようにロックする機構も入れないといけない・・・。机上では解決してますが、コレばっかりはいつもツクってみないとワカリマセンのよぉ。

春はいろんな人との新たな出会いが満載。思いもしなかった出会いは殊更ビックリ、いろいろ繋がっていくコトがタノシイ、ワタシなのでした。

2013.03.13 Wednesday

Pocket Merry-Go-Round 2


七十二侯・桃始笑・ももはじめてさく。桃どころか桜が辛抱たまらず開いてしまいそうな気温。かと思えば明日はまた真冬気温だそうで。先日の鳥羽では強風で植林された杉林からもうもうと花粉が飛散・・・その日から鼻紙が友達で、とうとう花粉症か?あぁ、悲惨。

さてさて、「メリーゴーランド」、主役が揃いました。馬3頭立てに馬車とかご?ふたつ、完成です。馬のたてがみもシルバーだったのですが、磨り出しのカタチが気に入らなかったので思い切ってヤスリで落とし込んで、ゴールドで成形し直しました。ついでに尻尾も同様に。

と、イキアタリバッタリでコンビが良いというコトで、馬車もかごもコンビにしたのでございます、マルっ!ココまでは作業。いよいよココから脳ミソフル回転が始まります。もういきなり悩んでます、厚み方向の圧縮をどうするか。回転させますのでそのギミックと馬を上下させるパーツ、主役が沈んだ位置で回転しないようにケースの蓋を開けた時にメリーゴーランド本体を少し上昇させる機構、天蓋のポップアップと収納ギミック・・・いっぺんに解決すべき個所がやってきております。が、今回は複雑にはならないか、と。サイズは一般的な懐中時計より一回り大きいぐらいの感じで納めたい。

今は雨のおかげ(?)か鼻汁は止まっておりますが、作業中も食事中もタラーリタラーリ・・・早くも鼻のかみ過ぎでトナカイ状態&目もシバシバ・・・うぅぅっ。

2013.03.05 Tuesday

Pocket Merry-Go-Round 1


二十四節季「啓蟄」、七十二侯「蟄虫啓戸」(ちっちゅう こを ひらく)冬蘢りの虫が出て来る、という時候。ワタシの子供の頃は「おけら」を良く見かけたものですが、このところはお会いしませんこと久しく。三寒四温が始まって体調管理もムヅカシイこの頃、気温のせいなのか微熱なのか妙に暑いような・・・風邪はひきたくないのですが。まっ、でも春はもうすぐそこまできちょります。

さぁて、さて、お待ちどう様でした!ようやく新作に取り掛かりましたよ!今回は・・・

[Pocket Merry-Go-Round]

懐中時計の蓋を開けると中からメリーゴーランドが飛び出して、リューズを回すとくるくる動きだし・・・。馬もゆったり上下に動いてくれると尚よろし、っていうぐらい漠然としたまま発進です。承知の方も多いかと思いますが、またまた、「あーでもない、こーでもない」と壁にぶち当たり壊れながら(ワタシが)の制作過程を迎えますので、どうぞ長ーい目で見守ってくださいましたらコレサイワイ、でございます。あっ、なんか音が鳴ってくれるともひとつタノシイよね、ってハードルは上げないの!
とりあえず馬2頭がなんとなく完成。次は馬車をツクリましょか。

あれっ、「ギザジュウ」やんか!
2012.10.16 Tuesday

Seahorse 14 シャシー軽量化&リューズ


窓全開で寝るのはもう危険なぐらいすっかり朝晩が寒い大阪です。空気も乾燥しているので夜中に喉が張り付いて苦しくなってヒドイ咳で起きてしまい・・・いろんな理由で今年は寝不足が多いですねぇ。で、この季節の「蚊」は毒が強い。そしたらもうすぐ熟睡に突入って時に左手が痒い。夜中にごそごそ「ムヒ」を家探し、スースーして再び床に。と、思ったら今度は「でこ」を刺しやがった。しょうがないので「でこ」にムヒ塗ったら目がシバシバ・・・どのみち寝られなかった、訳です、悲しい、うぅぅっ。

さあさあ、ゴールのテープは目の前に見えてきましたぞ!予定通り軽量化の穴あけが完了。キズ取りの仕上げをすると各部の寸法が狂うので、全体をちょっと特殊なマットにしまして。そして「ゼンマイ」を巻き上げるための「リューズ」をば制作。屋号の「e」を凸彫りにしました、イイ感じ。コレはお腹に「へそ」のように付きましてグルグルと回しますよ。

全てのパーツの仕上げも済みましたので最終仮組して、最後のパーツ、バチカンをツクって背中の飛び出た丸カンにネジ留してオールアップ!週末に完成するかも、ふぁいとぉぉぉ〜。
2012.10.13 Saturday

Seahorse 13 胴部


一日中仕事部屋に籠りっきりで、何か枕をと思うが書くコトが無い・・・かな。とりあえず、昨夜は寒かったぁ。テレビで各地の紅葉がニュースになり出して、ドライブに出かけたくてウズウズなのですが、ねぇ、燃料が減らなくてイイか?

そんなものですから、予定通り週末のアップの「胴部」です。歯車をはじめとするギミックパーツやその押さえパーツが思うよりカサがあって、ボディパーツが膨らんで何となくデブ。なので先ずはそれらの高さやボリュームを出来る限り落とし込む作業から。押さえパーツのネジ留の数を減らしたり、パーツそのものを改良したり。そんなこんなを丸一日やってからようやくボディの細工。

ボディが完成したら今度はギリギリまでそぎ落とした本体に取り付ける土地が無い!あれやこれやと策を練り落ち着いた先が現状。スッキリしましたが大変でしたねっ。とりあえずギミックへの干渉は無くボディが取り付きましたので「背びれ」をこさえて雰囲気出てきました!あるパーツを除いてもうこれ以上その他は付きませんので、本体シャシーの穴あけ軽量化に入ります。

さて、92%完成でしょうか、も少しです。そして、ディスプレイもぼちぼち進めておりますよっ!自分の足で備品になるモノの買い出しにいけないので、ネットでポチッとして届き始めてます。まだ注文するモノがあるので続々と我が家へ配達してもらって。んで、それらを改造しなくてはなりませんが、ま、11月になってからで十分に間に合いますので案を練りつつ。しかしコノ忙しさは精神衛生的に心地良い、です。

来週は原型シリーズのキャスト出し前手直し&新作に掛かりたい、そんなスケジュールです。

2012.10.09 Tuesday

Seahorse 12 頭部


どんどん天高くとっても澄みきった綺麗なスカイブルー。細切れな雲がひとつふたつポッカリ浮かんで。うーん、やっぱりこんなイイ季節に部屋に閉じ籠っているなんてモッタイナイ・・・です。でも、この秋は辛抱なのだ。

で、ズンズン前進です。ディティールはまだですが、ほぼ「アタマ」完成です。デザインは元から煮詰めてはいません(いつも通り)からツクりながら1日半。仮組でオモリの代わりになっている口の重さも現状オッケー。眉間の間の丸パイプふたつはバネを押さえる一点持ちのアームの先が入って、後端でネジで留めます。ありえないぐらいスムーズです、動きも仕事も♪この先落とし穴がないコトを祈りつつ。

只今ボディ制作中、週末にボディが完成したら上々。細かい部分のツクリと主にギミックのシャシーの軽量化の為の「抜き」の作業をして、組上げ・調整・仕上げともうひとパーツツクって終了。モチベーションを上げるケツカッチンはワタシにとって必要かつ重要な要素なのが分かった次第で、ありまする。あっ、それと皆さんの応援があっての制作、です、感謝・感謝!

2012.10.07 Sunday

Seahorse 11 尻尾軽量化&頭部・振り子

世間は明日、祝日なんですね。もはや曜日の感覚がありません。天気も良さそうだしドライブにはもってこいの季節・・・でも、動けませんよ。テンパリ度も60%を超えたかもの状況、しかし人間尻に火が付けば変なパワーが出るもんです。でも、週中に美術館に行きまして、しかも2件ハシゴ。共に見ごたえアリで、その夜はコレでもかってほどアイデアが次々に浮かんで脳覚醒、3時過ぎまで寝られずスケッチ書いて・・・。

ケツカッチンになって一気に進めてますが、案の定尻尾がくるっと巻いてくれない事態が!2.7gのソレはゼンマイで持ち上げるには重い・・・ようで。そこでもう奥の手っ。思い切って窓を空けました、1.9g。カムの向きも下から横に変えて、も不確実な動き・・・うーん。とりあえず100%で無いけど先に進めて。

脱進機構は当初のテンプから振り子式に変更して制作。「蓮の花・ペンダント」の時と同じバネ振り子です。が、あのような大きな振り子は入れられないので、一寸ひと工夫。タツノオトシゴの頭部分そのものを振り子のオモリにします。そのバランスは頭部をツクってから調整しないといけないので、振り子のバネは調整が効くようにセット。で、そのバネ振り子の振動を縦のロッドに変換させて送り爪を押す機構はほぼ同じ。

ほんで、頭部もツクってます。口の方がオモリになって頭の後ろ側を先ほどの振り子のヒンジ部分に一点持ちさせる予定。コレもバネと共に調整が効くように口部分で地金を足し引きする予定(デザイン的にも)。ココまではまだ枠だけですから眼を入れたりヒレを付けたり・・・もうちょっと細工しますよぉ。

コレは今月中に勝負します、しなきゃ、したいんだけど、できるかなぁ?と、そんなに弱気でも無いんですが・・・。引き続きガンバッテ完成を目指しまして、原型シリーズもぼちぼちゴム型&キャストに出す準備をば。そうそう、ボダイジュに協力アーティストとしてワタシも知ってるスゴイ人が出展されます。ワタシが見たかったあの作品とその作家さんに逢えるなんて、というか同じ舞台に初展示のワタシが出ても良いのか、と気持ち尻込みしつつ武者震いとまぜまぜなココチ、楽しみーっ。BODAIJU EXPO公式ホームページhttp://expo.bodaiju-cafe.com/を是非ご覧くださいませ。
2012.09.18 Tuesday

Seahorse 10 尻尾完成


毎日、雨が降ってるような9月も半ばを過ぎて、朝晩はやっと本気で涼しくなってきましたよ。そうなるとなったで不思議なもんで食欲は増して食べ過ぎちゃってるし、眠たいし・・・季節の良い秋は危険ですっ(笑)。で、虫の声は種類も音量も増しており耳にも涼しいです。と、寝床に入って聞こえるその音色をオノマトペするのが楽しかったり。「リンリン」「スイッチョン」以外に考えてみる。温度感や色相、触感を耳からの情報で感じてみる。冷たくて、とがってるけどザラザラしてるようなメタリックな空色・・・とかを五十音に変換してピックアップして繋いでみる。そんなコトしながら何時しか夢の中、な訳です。

さて、「タツノオトシゴ」も一歩ずつ、いや半歩かな?すこーしずつ進んでおります。で、尻尾のギミックが完成しました。本体の機構も脱進させる最期を残してほぼ完成しましたので、ほったらかしていたコレに取り掛かりまして。

尻尾の全パーツです。コレに可動させる為のチェーンを通すスリットを糸鋸で磨り出して、チェーンのストッパーになる丸線をロー付。それと一番下になるパーツだけチェーンとロー付。パーツを繋ぐブリッジに通す丸線の片方を細く強めのトーチの火でおシャカ(溶かすことです)にしてマッチ棒のように。それらを組み上げて反対側に飛び出た丸線の先だけをおシャカにして留めます。これにて完成。何故か一発で上手いコト出来てスルスル動いております。

チェーンを引っ張ると御覧のように尻尾が丸まる仕掛けでございます。たったコレだけの仕掛けなのに面倒(?)と言いますか大変です。で、チェーンを緩めれば自重で真っ直ぐになる、というギミックを連続して動作させるのが今回のミッションなのです。もうヒトヤマは頭部を振り子にした調速部のみ。コレが完成すれば残すはボディのツクリのみ。もうちょっとだぁ〜。

そして、またちょっと寝かせて原型シリーズに。
2012.08.31 Friday

Seahorse 9 機構編2


誰が何と言おうと8月は本日にて終了、明日から9月です。今年も残すは33.3%、早すぎる・・・。で、残暑と言うよりそのまま引き続き酷暑ですが、1980年頃(ワタシが子供の頃)と比べると一体どれくらい暑いのか?ググってみますれば、大阪の1980年8月の最高気温は34度、だいたい31〜32度。最低気温はほぼ25度を超えていません。一方2012年の8月はと言うと、最高気温36度7分、34〜35度が平均気温、最低気温は25度以上がほとんどで27度8分なんて日も。平熱36度の人が3度体温が上がるともう体中の節々が痛くてどうしようもないコトを思うと、この数字は明らかに気温上昇が現代を生きる人にはツラいもので・・・にしてもカレンダーは1枚めくらなければ。

「タツノオトシゴ」ですが、動力系がほぼ完成。香箱真の裏側も軸押さえを付けましたら、全ての歯車が安定して回りましたぁ!脱進機とアンクルの調整もなんとかクリア。動力系で残すは調速部の最後と他ギミックの駆動部。ちなみに青のマーカーはほぼボディのアウトライン、当初予定よりわずかに膨らみましたがなんら問題はありませんよ。

問題と言えば調速部の構造。ココを乗り切れば何とかなりまする!ガンバリまっす!で、本業が立て込んで参りましたのでココでヒトヤスミ。頂きましたオーダーも上がり次第アップしますね。その後はとりあえず原型シリーズに移る予定。うーん、時間が足りましぇーん(泣)。つづく・・・。
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM