<< フクシア・ペンダント 1 | main | Italian Bossa >>
2013.03.31 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.05.28 Saturday

フクシア・ペンダント 2


つい数年前まで「梅雨入りしました」と断定表現だった発表が「梅雨入りした模様」と婉曲な表現に変わって、何だかとても日本人的曖昧な部分を感じつつ、断定による後のミスを回避するかのようなイメージも同時に持ってしまいます。元々、四季の移ろいなど人知の及ぶ範疇では無いだろうし、無限なグラデーションを古の人々は大切に感じ取り、また守り、表現の手段としても細分化し、その子細なモノを使いこなし楽しんでいる日本人とは如何に奥ゆかしいのか。そんな事をふと思いました。

早くも5月末、梅雨も早めにやってきましたね。プラス今年初の台風上陸?になりそうで今日は強い風雨です、庭の植木や物干しを引っ込めないといけません。被災地にとっては今後のコースにより2次的3次的被害が及ばないよう切に願うところです。

さて、彫金教室ではワックスを鋳造に出している間に、地金による製作「メタルワーク」を始めました。その名の通り地金そのものを曲げたり削ったりロー付したり。その基本中の基本「平打ちリング」からです。平打ちリングとは簡単に言うと水道管を切ったようにリング外周表面が真っ平らな形状のモノです。どのようなリングを作るにしてもこれから始めることがほとんどです。

シルバーのインゴットをローラーで要尺まで伸ばし、バーナーでなましてヤットコや芯金(リング状のモノを作るときに地金を巻きつけたり叩いて丸くするテーパーの付いた鉄の棒)で丸めて、合わせ目をロー付して、ヤスリをかけて形状を整えて・・・と様々な工程を必要とします。何百・何千と作ってきたワタシにはモノによっては十数分の仕事ですが、初めての方には半日仕事。で、何が一番難しいかというと、ワタシが何気なくやっている作業を伝えるのがムズカシイ・・・。バーナーへの着火やヤットコの握り方、スリ板への加工物の当て方・持ち方、ヤスリの動かし方・・・。ひとつひとつがその説明に一苦労。勿論口頭だけでは何も伝わりませんから見本を見せて、実体験してもらって、なんなら二人羽織状態です。ホントにムズカシイ・・・、これはワタシが一番勉強しないと、です。

また、こんな工程の記事なんかも後々記事にしても御覧の皆様には興味深いでしょうかね?
で、「フクシア・ペンダント」は花本体の唐草細工が終了、上部で4枚に切り分けます(写真では下側)。やはりゴールドはシルバーより細工が容易なので(一概には言えませんが)サクサク進行中です。花の付け根に開閉させるパーツを付けていきますが、内蔵されるメシベを引き出すとオシベと共に伸びてきて、その動作が連続して花を開く仕掛けで、とりあえずその辺りまで進んでいますが、今回はここまで。

今週末は教室はありませんので個人作品に掛かるか、何だか少し増え始めている本業をやっつけていくか、はたまた雨だし昼寝でもするか・・・のんびりな午後でございまする。
2013.03.31 Sunday

スポンサーサイト

コメント
言葉でなかなか伝えられ部分が本当の技術。それって人に教えることをしないと本人が分からない部分。だか技術は目で見て盗むしかないのです。昔の人は意地悪で言ったわけではないと思うのです。
  • 武珍
  • 2011.05.28 Saturday 23:37
武珍さん・・・

こんにちは。雨スゴイです、そちらはどうですか?
いろんな職業の職人さんがいますが、傍から見て「なんや簡単そうや」何てモノほど実は、異常にムズカシイ。卓越した技術を持つ職人はいとも簡単にやっているかのようですよね。ワタシもオトウト弟子や弟子っ子を何人か見てきましたが、自分の手に刷り込んだ技術を人に伝えるのはホントに大変。でも武珍さんのおっしゃる通りこれは自分への再確認作業ですね。生業として継続するならば習う方も教える方も必死でしょうしまさに「目で盗む」は無くてはならない習得手段の上位項目。ワタシも常にそう思い実践してきました。さすれば身についた技術は人に獲られない、とは本当ですよね。

しかしながら生業ではなく趣味でされる方にどこまで伝えるか、時間的にも金銭的にも難しい部分があります。なので毎週通われる生徒さんには後々に思う通りに作れるようしっかり基礎から取り組んでもらえるように指導しています。一日しか来ることが出来ない方や体験でひとつ作れたら良いという方には、まず楽しんでもらうことを念頭に作業してもらっています。

いずれにしても教えているより教わっているワタシがいることに生徒の皆さんに教えられることばかりです…(笑)。
  • cornet
  • 2011.05.29 Sunday 12:41
何気ないことほど気がつかないもんです。
自分でやってどうしても出来なくて夜も寝ないで考え込んで、で、頭下げて教えてもらったら、何だ、そんなことかって言うw
もっとも、悩む前に教えてもらってもおそらく右から左へと聞き流してしまうでしょうけど。
  • 茂虎
  • 2011.05.30 Monday 16:21
茂虎さん・・・

毎度でございます。ワタシの周りにも日本で5本の指に入るであろう超トップクラスの職人さんがいらっしゃいますが、教えを乞うても目から鱗もあれば、「いやぁ、ワタシも10年かかって出来たんや」とか。茂虎さんのおっしゃる通り考えすぎて夜寝れずに翌朝ふと思いついたり(笑)。でも先ずはやはり自分の脳みそフル回転!!!どうしてもわからないことはいっその事聞いちゃえ〜って。でもワタシの作品の場合、誰にも聞けない・・・生みの苦しみだらけです、変なモノばかり作っちゃてるから。
  • cornet
  • 2011.05.30 Monday 22:43
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM