<< 2011 夏休み 「中山道宿場町」@馬籠宿・妻籠宿・奈良井宿 | main | MONO-CHROME >>
2013.03.31 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.08.31 Wednesday

2011 夏休み @上高地〜渋〜白根山


見よ!この美しい色を!大自然は何をしでかしてくるか、ただただ圧巻!群馬県白根山山頂の「湯釜」です。実はここも2回目です、が、前回一人旅の際、雲ひとつ無い超快晴で標高の為か空は見事なスカイブルー、湯釜の神秘的なエメラルドグリーン、萌える高山植物の深きグリーン、それはそれは素晴らしくビビッドな色使い。今回もここでは何とか晴れて、今までの雨を全て帳消しにしてくれた白根山に感謝!本来はこの方角からの眺めでは無いのですが空気中の硫黄濃度の関係で通常の登山口と反対側から登りました。残念ながら少し遠いのですが、その鮮やかさは変わらずもう表現できません、美し過ぎて。

と、旅程最終地の帰路の白根山ですが雨で無い写真から始めておきます、あとはずーっと雨でしたので・・・。先ず1泊目は蓼科高原にある「澤右衛門」。お部屋が数室しかない小さなお宿なのですがここの露天風呂から見える山並みがそれはそれは綺麗で・・・のはずでした。ガスって何にも見えん!!!でも・・・

お食事は良かったですよぉ、↑コレ鴨鍋、全然臭くない、美味い!とここまで前菜から散々食べてもうはち切れんばかりのお腹で「雑炊」。出来上がるまで一口でおしまい、と思っていたのに3杯もたいらげてしまいました(笑)。で、翌朝も雨。しかし、ここまで来たのですからメインの上高地散策を諦める訳にはいきません、強行突入です。自然保護の観点から自家用車は途中の駐車場に留めて、そこからはバスかタクシーで向かいます。その駐車場では何とか小雨で「大丈夫ちゃう?」何て言いながら30分弱。現地に近づけば近づくほど雨足は強まり・・・山の天候を甘く見ておりました、ワタクシ。

笑っちゃうぐらいの土砂降り。山並みなどはおろか川は増水し濁り、濁流と化し、弟に借りたレインコートもずぶ濡れ、カメラなど出せる場所も無く散策道のぬかるみと池のような水たまりを避けながら終始俯いたままの4km。びしょびしょでおまけに寒い。到着地の絶景ポイントでのピース写真なんてあるはずも無く意気消沈でとんぼ返り。ここ上高地も2回目の訪問でしたが、いやはや前回も大雨で駐車場で諦めていたのです、なのに何でぇぇぇぇ・・・オラ、雨男じゃぁないっす(大泣)。でも仕方ありません、下山後車に乗る前に着替えて・・・へぇ〜っくしょぉ〜ん。

2泊目、長野北部の温泉地「渋温泉」。宿を決めていなかったのでスマホで検索・予約、これは非常に有り難い、便利です。しかし渋温泉というのは勿論源泉かけ流しのダダ流しなのですが温度がめっちゃ高い、ナント50度!「水でうめて入ってくださいね」って家の風呂じゃぁないんだから蛇口ひねって冷水全開でも良い温度になるはずもなく、10秒で湯船終了。そりゃ温泉卵作ってるのと同じお湯ですもの、ワタシが茹で上がりますよ。

それでも白根山に向かう途中は徐々に晴れだして良い空気をたくさん吸い込むことができました。時期が時期だけに夏の植物も花は終わり、かといって紅葉には早い。う〜ん、微妙な季節の旅でしたなぁ。

長野・群馬の県境「横手山」よりのぞむはアルプス連峰(?)。ココまで上がれば雲も美しく見下ろせる。まぁ、雨にやられっ放しの旅でしたがそれはそれで楽しかったのかも(いや、晴れてるに越したコトは無い)。秋に上高地リベンジいたします、紅葉の美しい写真に乞うご期待!!!

帰阪するも雨の高速、長野は一部晴れ間があり「今頃〜」なんていって、大阪のインター出口でドッカンドッカンの落雷、大雨ワイパーは効かず、トラックのはねる雨水を車イッパイに浴びておっかねぇったらナイ・・・。行くとこ行くとこ雨・アメ・あめの夏休み、2100kmの旅でした。週末葡萄狩りなんだけど台風来てねぇ!?
2013.03.31 Sunday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM