<< フクシア・ペンダント 完成 | main | Beginning 2012 >>
2013.03.31 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.12.30 Friday

2011を振り返って・・・


「小晦日」・・・さて、何と読むのでしょう?字を見れば「大晦日」(おおみそか)の前の日、ってイメージできますよね。正解は「こみそか」、いえ、嘘っ、「こつごもり」と読むんだそうです。12月30日、そう本日が「小晦日」。こんな日があるなんて知りませんでした。で、大掃除も「厠」を除いて終了、仕事道具の手入れも済ませてあとは静かに新しい年の明けるのを待つのみ。

2011年も明日でおしまい、やはり超特急の「師走」でした。そして本年は個人的にも日本でも、そして海の向こうの国々でも、天変地異に改革や革命の勃発、世界中での経済危機・・・これほど辛いコトや悲しいコト、激変が立て続けに起きた年は無いのではないかと。東日本大震災とそれに伴う福島の原発事故、多くの人命を奪い、暮らしや生きる希望を瞬く間に押し流した圧倒的な力の天災に見舞われ、あまりにも厳しい現状を突き付けられた日本。輪をかけて世界の経済や情勢の危機や不安定が人々のココロを荒んでいく・・・しかしそんな無慈悲の中からあらためて思う「絆」や「互助」。地理的にも歴史的にもある意味「特異」な日本・日本人ならではの粘りや強さといったものが垣間見えたようにも思えます。人間は一人では生きていけないし、へこみっぱなしでも前には進めない。そんな中でのスポーツや音楽などの芸術の分野の貢献や知らせ、また多くのボランティアの方による支援は言うまでも無く皆のココロに励ましやサポートになったに違いない、と。

ワタシ個人にも昨年から今年にかけて悲しみや苦しみ、辛さを、そして様々の救いや親兄弟・親戚・友のいるコトのありがたみ・・・これらがワタシの今までの人生の中で最も強烈に押し寄せたまさしく激動の2年間でした。

本当に経験した事の無い辛さが襲った昨年から、劇的に変わり始めたのは昨年末から仕事場を自宅に移してから。2月から彫金教室を始め、作品の作り込み、4月のホームページ開設に友との再会と数多くの新たな人との出会い、旅先や諸先輩方との食事やドライブといったコミュニケーション、二足のワラジでの仕事開始。もう、整理がつかないほど動きに動き回った2011年。そしてこれまで感じた事の無かったキモチの変化が・・・それは新たな年を迎えるに、今までは「また歳をとる」ぐらいにしか思わなかった自分が、「どんな年になるだろう」と来る年を楽しみにしているワタシが、今ここにいます。

勿論、良いコトばかりが起きるとは思いません、間違いなく辛い出来事も起きるでしょう。でも何となく乗り越えていけるような気がするのです、とても不思議な感覚ですが。辛かった昨年から少しでも脱出できるようにワタシが思いつく、出来る範疇のコトはちょっとずつではありますが積み重ねてきたつもりです。昨年の今頃の記事に「助走の為に下がっても良い」と書いていたのを読み返しました。だから、ジャンプできそうな前向きな気持ちで一杯なんです。
自分も頑張りましたが、それ以上に周りのあらゆる方々に支えられてプラスのベクトルがワタシのココロにまたアクションに繋がっているコトを忘れないようにしたいです。その証拠に今年のワタシのこのブログへのアクセスは月平均3000アクセス、年間35000アクセスほどになりました、ワタシのモチベーションを保つ大きな源泉です。

来たる2012年は精一杯飛んでみようと思います。末筆で失礼ですが今年、本当にたくさんの皆様にお世話になり、またご迷惑をおかけいたしましたこと、感謝と謝意をもって今年最後の記事にさせて頂きます。アリガトウゴザイマシタ!!!


新年に向けて久しぶりに花を活けました。では皆様、良いお年をお迎えくださいませ。
2013.03.31 Sunday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM