<< Violin Brooch 6 | main | 陽光と寒風とリズム >>
2013.03.31 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.02.17 Friday

Violin Brooch 7


毎日寒いですね。連日の夜更かしがイケナイリズムを作り出して遅寝の遅起きで、いやでも寒い朝に寝床から出るのがツラいのに・・・おまけに昼間も眠気が襲うし、何だか集中力も欠いていて。これではダメです、ちゃんと規則正しい生活に戻さねば作品にもその影響が現れてしまいそうだし・・・気を引き締め直して。

今週もひきこもり製作中ですが、先輩のお弟子さんからお呼び出しがかかり・・・何やらと思えば何と「ガトー・ショコラ」。そうバレンタインですぅ!!!しかも手作り・別作、一品モノです。それから教室の生徒さんからも高級な生チョコを頂きまして♪もてるオトコはツラいです、なんちゃって(笑)。でもホントにウレシイです、アリガトのゴチソウサマでした!なのにチョンボです、食い気に負けて写真撮り忘れた?!

そうこう言っても言わなくても2月が半分過ぎて、今月は記事3回目、少ないです。本業は相変わらず厳しい状況で、ほとんど世界恐慌の様を呈している経済を真正面から見据えてもワタシ個人のチカラなど及びもしない現況、なら開き直って自分のツクリたいものをじっくりツクって将来に貯金しておこう、と思いながら作品製作をば続けておりまする。が、なかなかに進みません、これも相変わらずのいつも通りですが。

というわけでVol.7ですが、青焼きは見事に粉砕!いちから設計見直しです。問題はただ一つ、ヴァイオリン本体が小さすぎて蝶を含むギミック関係が納まらないコトです。一度に3方向の動きがある為にギミックが重なり合い厚みが出てしまうのです。なので丸一日CPUをフル回転させて機構そのものをソックリ変えました。それから蝶の羽の開閉パーツも唐草に干渉していたので、唐草を一部削除いたしまして・・・。とりあえず蝶の納まりと各ギミックの最薄化で何とかなりそうな模様(って、ほんとかなぁ)。

で、蝶のギミックは完成したものの、他パーツとの兼ね合いでロー付やカシメの作業に掛かれないので歯車から攻めて、納まりを考慮したギミックワンパーツの作業に取り掛かっております。が、その前にもう一つアタマを悩ませたのが各運動パーツの連動をひとつの動作で完結させるためのギアの回転比率の一定化の作業。文章では全然解らないと思いますが、蝶が本体からスライドしつつ直立させながら顔を出して、羽をてふてふ開閉させながら60度から90度ぐらいの範囲で左右に振らせる、この一連の動作を各部パーツがワンモーションで連携させるために大きさの違う歯車の回転数を合わせなければならないんです。って説明してもやっぱりわかんないですね(汗)。

ま、とにかくケースに収めるために極力小スペース化とシンプルな構造を書きなぐっているのがヴァイオリンの下のコピー用紙。ワタシの今までのアイデアスケッチやちゃら図面はみんなこの無罫線・ノングリッドの白紙のコピー用紙。徒然描きつけていくものだから後で見返した時にどれが最終案か解らなくなってるコト多々ですが、真っ白でないと何だかやりにくいんです、へんなコダワリですが。というコトで歯車製作中、ずいぶん慣れたものでほぼ1日で所定数完成。これからギミックケースに入っていきます。

来週は大阪市内で各種ルースの展示販売会があります。久々ですがちょっと覗いてお気に入りがあれば購入しますかね、金も無いのに・・・。
2013.03.31 Sunday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM