<< 彫金教室作品 Triceratops horridus | main | SV原型 Vol.11 Flamingo >>
2013.03.31 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.10.01 Monday

SV原型 Vol.10 rhinoceros サイ


台風が過ぎ去ってグッと朝晩がひんやりしました。虫の音が夜長の静けさにさらに引き立ち、テレビもステレオも切っているとココロがすぅーっと気持ちイイです。積読の8冊もそろそろ手に取りたいですね、筋肉痛も治まったコトだし。

さて10月、時間の非情に苛まされつつ、やるしかねぇ、で、制作中、だす。で、原型シリーズもはや10個目、今回は「サイ」です。哺乳類パート2ですが、ただ眺めるだけでなくツクルことを目的に資料を見ていると発見が多いですね。こんなに鎧のようなのを被っているなんて、とか、角も1本と2本があったり、足先が3つに分かれてる奇蹄目だったり。で、ツクル際に何より一番大切にしているのは、全長もしくは全高に対する各部の対比長。例えば地面から背骨までの全高に対して脚の長さの比率や全長に対する頭部の長さなど。

資料はすべて二次元の平面ですから、真横と真正面の最低ふたつの資料が無いと各部の寸法を割り出せない。その上、被写体が同一の個体であるはずもなく、縮尺比率も違うので、そのふたつから共通する高さを利用して各部の比を一本化して、ようやく地金との縮尺比率にありつく訳です。案外面倒・・・。はたまた、個体差っていうのも動物には随分あるコトをしりました。人でも背の高さや太っているか痩せているか、筋肉質かどうか、顔の形や目鼻のパーツの違いみたいなモノがあるように。だからきっと、動物園の飼育員さんのように毎日一個体と対峙しているとすぐ見分けがつくんでしょうね。人間の個体差ほど他の生物にそれがあるとは意外でした、うんうん、おもしろい。

ということで恒例の・・・工期2日 付目12g(ちょっと重い)

しかし、おっちゃんになってくると「AKB」なんか見ても見分けがつかない、皆同じ顔にしか見えないし、名前も覚えられない・・・悲しいかな。
2013.03.31 Sunday

スポンサーサイト

コメント
私は何を話してるのかも聞き取りにくくなって来た今日この頃・・・
怖いわ〜
  • conge
  • 2012.10.01 Monday 23:22
congeさん…

大丈夫?って人のコト言ってられないけど…。それは多分、自分のしなきゃならないコトが多いから耳には入るけど消化できないから、だと。でも、話。聞かないと会話にならへんし、ね(--;)
  • cornet
  • 2012.10.01 Monday 23:37
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM