<< Seahorse 14 シャシー軽量化&リューズ | main | SV原型 Vol.12 Workboot(S) >>
2013.03.31 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.10.19 Friday

Seahorse 完成

 
半月前まで扇風機が回っていたのですが、北風が部屋を通り過ぎて室温が20度の肌寒さ。季節は急に移りはじめて・・・。

そんな昨夜、とうとう、ようやく、やっとこさワタシの手を離れていきました。「Seahorse」完成です。毎回ですが手こずりました、コイツにも。そもそも「ゼンマイ」を動力として使うコトを決めてから、いかにソレを制御するか。結局ソレに終始した今回の制作、でした。ひとつ正直に言っておかなければなりません。ソレは肝心要の尻尾の巻き上げが不完全なコト。自分にも悔しいし皆さんには申し訳ない思いです。たかだか1.7gを持ち上げるコトが上手くいったりいかなかったり・・・。もう少し改良せねばならないコトを打ち明けておきます。

作品の数が増えるに従いだんだん細工が細かくなってやりたいコトがエスカレート、出来るコトと出来ないコトの区別がつかないまま進めているのが良いのか悪いのか。でも出来ないからといってしなければ進歩しないし、ね。などと出来上がってからアレコレ思って反省めいても意味ないし。でもいつも完成はウレシイ、今回は殊更ウレシイ。何せ大勢の方に見て頂ける機会が巡ってきたコト。

まっ、とりあえず、こんな感じに決着した「タツノオトシゴ」ちゃんです。ゼンマイの動力をバネ振り子でその動きを制御して尻尾が巻き上がったり伸びたり、コレが今回のミッション。その動きについては散々書いてきたので割愛します。それでもどんどん出来るコトが増えてきてギミックのイロイロや各パーツの精度も上がって、かつ加工時間も2、3年前から比べると格段に早くなりました。となってくると急に作りたいモノが増えてきて、次作品もアイデア出しのスケッチに掛かっています。

で、「ゼンマイ」はしばらく封印いたします、もっと単純でごく軽いモノの動きを手を放して楽しめるモノが出てきた時まで。ある程度のトルクが必要な手動形式でも楽しんで面白くてワクワクするモノが出来るはず、ソコで修練しようと。

さて、あらためてお知らせいたしたいと思います。来る11月24・25日(土・日)、大阪心斎橋にある「NEW OSAKA HOTEL 心斎橋」にて開催されます100組のアーティストによるアートフェスタ「BODAIJU EXPO 2012」http://expo.bodaiju-cafe.com/に出展いたします。イラスト・クラフト・写真などなどジャンルを超えた100人による各客室のプロデュースは日本初の試み。お時間の許す方は是非足をお運びくださいませ!人生初出展のワタシはドキドキとワクワクとないまぜぐるぐる状態で皆様をお迎えするコトになりますのでどうぞお手柔らかに(笑)。

さて、明日からはココロおきなく原型シリーズとディスプレイ制作に取り掛かろうと思います。と、ホッタラカシのオーダーもあるの完全に忘れてました・・・。

追記:また書き忘れておりまする。工期 だいたい半年 全長88mm 付目15.3g
2013.03.31 Sunday

スポンサーサイト

コメント
素晴らしい!
それ以上の言葉が出ません。
完成おめでとうございます。
  • 茂虎
  • 2012.10.22 Monday 13:44
茂虎さん・・・

お久しぶりです。
やっと完成しました、ありがとうございます!
次も動かしていきますよ。
  • cornet
  • 2012.10.22 Monday 20:30
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM