<< 普段のお仕事 | main | Illumination & Moon >>
2013.03.31 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.12.23 Sunday

monochrome flowers


冬至も過ぎて寒さも一段と増してきましたが出かけるいとまの無いワタシは、街は色とりどりのイルミネーションに包まれたクリスマスの空気で華やかなんだろう、と想像してみる。それが過ぎると一気に新年を迎える彩色にとって代わる、慌ただしい時間。と言っても睡眠時間がこのところ多すぎるワタシ、昨夜はへんてこな夢を見てたようで・・・。

昭和30年代ぐらいの日本の未舗装の下町を友達と歩いているのだけれども、その友達は事有る毎にマンホールや土管やブロック塀の隙間に液体化しては吸い込まれて消えていく。かと思えばまた何処かから湧き出してくる・・・夢分析だといったい何を表すんだろう?ワタシの脳の仕業ではあるけれどワタシの想像を超えてるような。と、突然電話が鳴った午前4時前、飛び起きたものの電話には出られず。まったくぅ・・・。

その夢も人それぞれ見え方が違うのだとか。特に色に関しては「総天然色」もあれば「モノクローム」の人も。ワタシはモノクロの夢は見たことが無い。しかし「色」という情報は時として錯覚を起こしたりその他の情報をスポイルするのではと思う時がある。あえてモノクロで写真を撮ってみるとソレが良く解ったり。
きっとひとつの情報(色)が削られるとソレを補おうと脳が奮起するのか、柔らかいのか硬いのか冷たいのか熱いのか、ザラザラ・つるつる・・・。質感やテクスチャーは元より、立体感に関してはフルカラーより伝わってくるから不思議だ。そうして眺めていると、なんなら削がれたその「色」さえ感じる。錯覚なのか補正なのか。


なので、意図して影を強調して狙うことの面白さがここにあるのかもしれない。色を知らない何かのモノクロを見た時は一体どんな反応をするのだろう。

クリスマスの夜更けも暗い夜空と白い雪のモノクロで、サンタの衣装の赤やトナカイの茶色い毛も見えないのかも。良き聖夜でありますように。
2013.03.31 Sunday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM