<< Flying Lantern@篠山市福住 | main | 戦い終えて。 >>
2013.03.31 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.02.16 Saturday

SV原型 Vol.16 広目天


本日夕刻にネットのあるサイトで知りました、「ロシアに隕石落下!」。ネットでこんな情報を知ると「またまたぁ」ってな感じでしたけど国営放送でもトップニュース扱い、しかも多数の負傷者有りと衝撃波による被害がエラいコトになってる。メディアの違いでこんなにも信頼度だ違うのかって一瞬思いましたけど、それ以上に地球に異常接近する宇宙からの飛来物体は凄ぇコンピューターか何かで計算してて解ってるんだとばっかり思ってましたが・・・。

映像で見る現状では燃え尽きて落下したようにも見えるけれど相当の衝撃波とはものスゴイ威力なのだと初めて知りました。恐竜の絶滅原因の隕石が本当だとしたらそんなに大きくなくても秒速8kmtとかで地球に衝突したら馬鹿デカいクレーターの恐ろしいコト、解りますね。30年ほど前にソビエト時代の古い人工衛星の落下を見たコトありますが、普段飛行機が巡航しているぐらいの高度を虹色の幅広の幾重もの光の束が夜半の空を横切る様はキレイとか言う前に怖かった、です。

と、久々の作品アップの前にグダグダ話は置いといて。とりあえず、合間合間にちょこちょこと触ってきた原型シリーズ第16弾「広目天」完成です。以前の記事で仏像フィギュアのコトを書きましたが常々「仏像」はツクってみたいと思っており、フィギュアなんぞ買っちゃったものだからついついお顔だけですが手を出してみました。

「広目天」は奈良東大寺の仏像の後ろにおわします四天王のうちの一体です。以前東大寺に行った時に写真に収めて制作の際の資料にと思っていた訳ですが、今までの原型シリーズとは桁違いの作業量になりました。やはり人体や顔、きっと手なんかもとてつもなくムヅカシイのだろうと察しが付きました(笑)。絵描きも手が一番ムヅカシイと言うそうですが、だからこそ皆ココにたどり着いているのかもとも思い知らされました。美術館に行く機会があったら人体の石膏モデルや大理石像など、「ツクル」視点でもっとじっくり観察しなければ、っと。

と、今月の作品アップはホントにコレだけ。後は別記事を書ける時に書きます、お知らせみたいなコトもありますし。あっ、そうそう、「Bodaiju Expo 2」開催決定です!ワタシのフリなんぞはまだまだ決めるも決めないもありませんが・・・。

寸法 H=20mm  W=10mm
2013.03.31 Sunday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM