<< Pocket Merry-Go-Round 1 | main | ジュエリーハンドリング@ミキモト真珠島 >>
2013.03.31 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.03.08 Friday

東京ベイ


花粉症の方はお気の毒ではございますが、4月中旬の春爛漫の気温の大阪です。と言っても黄砂にPM2.5でしたっけ、花粉症でないワタシでもなんだかくしゃみや鼻をかむ回数が増えてますね、ヒキコモリなのに・・・。さて、何故か(ってコトは無いけど)ヤボヨウが多くて今日も午前中を潰してしまい、フルタイムで机に向かうことができません。が、良いペースで新作進んでますよぉ。

ところで、ワタシ大阪在住35年でまるっきり関西人ですが、時々関東の人間に間違われるコトがあります。実は(ってコトも無いのですが)生まれは東京、今はスカイツリーで有名な墨田区生まれ、ちゃきちゃきの下町・江戸っ子なのです、てやんでぃ。でも、まぁ、生まれた街などもう記憶には無い訳ですが、ふと自分のルーツ、ってなものを思う時がありますね、どんな街で生まれたんだろう、って。

東京にはプライベートでも仕事でもたまに行くことがありますが、そのたびに思うコトが。ソレは凝縮感が強いコト。道幅やビルの間隔、電車や高架道路の交差の近さが大阪のソレと比べると80%な感じ。ソレに加えてアップダウンが結構あるから余計に増幅されてる感じも。電車に乗ってると窓から見える景色が「ビル→民家→高台の法面→立体交差→公園→民家→並走する電車→ビル」と、まぁ忙しいコト。なのに突然緑の多い公園が現れたりするから混み込みの首都「東京」はワタシには不思議に映ります。

先日のグランプリには道具も満載だった為、車で現地入りしたのですがその際、生まれて初めて「首都高」を走った訳ですが・・・右から左から次々に分岐合流、速度は速いし、高架のそばの建物はこちらに倒れんばかりの近寄り過ぎだし、標識なんて見てもちんぷんかんぷん、なんのこっちゃでオッカナイ。


でも、夜の東京ベイは魅力的。幕張の超高層ホテルの窓から見えるその景色は大阪や神戸とは違いました。何が違うか?圧倒的にその距離だと。とにかく西から東まで見えているトコロ全部ビル明かりだというコト。よくもまぁこんなにひしめき合ってるなと、夜の首都にレンズを向けると解りましたね。それだけのヒトがいるってコトもスゴイ。


まるで映画「AKIRA」の中のイメージまんまの東京。ネオ・サイバーシティでも浮かぶ月は同じだと変に納得するも、こんな景色も滅多に見られないなぁ、と、完全におのぼりさん、な、ワタシなのでありました。
2013.03.31 Sunday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM