2013.03.31 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.02.16 Saturday

SV原型 Vol.16 広目天


本日夕刻にネットのあるサイトで知りました、「ロシアに隕石落下!」。ネットでこんな情報を知ると「またまたぁ」ってな感じでしたけど国営放送でもトップニュース扱い、しかも多数の負傷者有りと衝撃波による被害がエラいコトになってる。メディアの違いでこんなにも信頼度だ違うのかって一瞬思いましたけど、それ以上に地球に異常接近する宇宙からの飛来物体は凄ぇコンピューターか何かで計算してて解ってるんだとばっかり思ってましたが・・・。

映像で見る現状では燃え尽きて落下したようにも見えるけれど相当の衝撃波とはものスゴイ威力なのだと初めて知りました。恐竜の絶滅原因の隕石が本当だとしたらそんなに大きくなくても秒速8kmtとかで地球に衝突したら馬鹿デカいクレーターの恐ろしいコト、解りますね。30年ほど前にソビエト時代の古い人工衛星の落下を見たコトありますが、普段飛行機が巡航しているぐらいの高度を虹色の幅広の幾重もの光の束が夜半の空を横切る様はキレイとか言う前に怖かった、です。

と、久々の作品アップの前にグダグダ話は置いといて。とりあえず、合間合間にちょこちょこと触ってきた原型シリーズ第16弾「広目天」完成です。以前の記事で仏像フィギュアのコトを書きましたが常々「仏像」はツクってみたいと思っており、フィギュアなんぞ買っちゃったものだからついついお顔だけですが手を出してみました。

「広目天」は奈良東大寺の仏像の後ろにおわします四天王のうちの一体です。以前東大寺に行った時に写真に収めて制作の際の資料にと思っていた訳ですが、今までの原型シリーズとは桁違いの作業量になりました。やはり人体や顔、きっと手なんかもとてつもなくムヅカシイのだろうと察しが付きました(笑)。絵描きも手が一番ムヅカシイと言うそうですが、だからこそ皆ココにたどり着いているのかもとも思い知らされました。美術館に行く機会があったら人体の石膏モデルや大理石像など、「ツクル」視点でもっとじっくり観察しなければ、っと。

と、今月の作品アップはホントにコレだけ。後は別記事を書ける時に書きます、お知らせみたいなコトもありますし。あっ、そうそう、「Bodaiju Expo 2」開催決定です!ワタシのフリなんぞはまだまだ決めるも決めないもありませんが・・・。

寸法 H=20mm  W=10mm
2013.02.10 Sunday

Flying Lantern@篠山市福住


2月・如月・真冬。一年のうちで一番寒い時期ですね。二十四節季「立春」も過ぎ、暦的には春の始まり。と言ってもやはり超寒い訳ですが、日の入りも随分と延びて凛とした冷たい空気も、お日様の光は少しずつ柔らかさと温もりを持ち始めたように感じる、大阪です。二十四節季を更に「初侯・次侯・末侯」の3つに分けた七十二侯の「黄鶯睍察廖覆うこうけんかんす)、「里山でうぐいすが鳴きはじめる頃」がちょうど今。我が家の裏庭にはうぐいすでは無いですが「メジロ」がやって来て「チチチチチ」と鳴いております。うぐいすでは無いのにあの綺麗なうぐいす色を写真に納めたく狙ってみるもめじろの動きはあんまり速くて・・・。膨らみ始める木の芽も楽しみです。

さて、お知らせの通りなんだかんだと忙しく更新出来てませんが、昨日夕刻に大阪最北部の山を越えて最初の兵庫県の町「篠山市福住」に行ってきました。大阪・京都・兵庫の府県境にある「福住」、福の住む町って素敵な名前ですが当然山間なのです。かつて篠山城から京都に向かう途中の宿場町として栄えたとあってワタシの好きな古い建物がかなり残っており、昨年、伝統的建造物群保存地区に指定されたそうです。そんな福住で3回目となる「雪花火」があると知って出かけたのです。

日の入り前に現地入りしましたがすでに氷点下前後の気温、寒い。で、ある催しに参加すべく受付へ。それは日本初らしい「フライング・ランタン」。東南アジアではよく行われるそれは、願い事を書いた紙製の熱気球にロウソクの燃料で空高く飛ばすもの。何百・何千と夜空に浮かぶ柔らかな火の玉は壮観。今回は200個のランタン。で、ありがちな「平和」とワタシは気球に書いて空高く(と言いたいけれど、山火事はイケマセンのでタコ糸をくくりつけて)舞い上がらせて・・・。そのタコ糸を持ちながら、とっくに氷点下を下回ったまさにしばれる寒さに震えながらシャッターを切ったので、イイ写真が撮れませんで・・・残念。


並んだ隣のおじさまと互いに燃料に火を付けあって膨らむまで待つも、おじさまのソレは無念にも火が回り燃え出す始末、あ〜あ・・・。ランタンを飛ばし終えたその後、人家の明かりの少ない漆黒の空へ冬の花火が打ちあがり、その音は周りの山々にこだまして、何とも言えないサラウンド。良く晴れた闇夜にはランタンと花火と降ってくる星々の三共演。


ドラム缶を縦に半分に切ったストーブに暖取りの薪がはぜる様子を見る人達は何故に無言になるのでしょう?炎とは古来より人間にある種の魅力を持たせるのですね、不思議です。と、帰途に就く道中の気温計は「マイナス6度」の表示が!!!車のヒーターも効きにくい訳です、山道は乾いた空気のおかげで凍ってはいなかったので助かりましたが。

と、また新たな出会いがありました。それはまた後日ゆっくりお話しするとして。
2013.01.31 Thursday

超便利ツール


この冬がこんなに寒いだなんて・・・と久々に記事を書こうにも今日はぽっかぽかの快晴。年が改まって1月も最終日、今月はこの記事も含めて3つだけ。訪問くださる皆様には申し訳なく・・・すみません。と、この記事の締めくくりがどうなっているか分からずとりとめもなく書きなぐってしまうかもしれませんこと、先にお詫び、でございます。だからといって何か重大な問題が発生してるとか病気だとかそんなシリアスなものではありませんのでね。

さて、先ずは、状況。作品はツクリたいものは「タツノオトシゴ」の途中から決まってまして、まぁ相変わらずラフな完成予定のスケッチはあります。が、新作も原型シリーズも種シリーズも何にも手付かずでございます、はい。その理由は本業のジュエリー制作の仕事がそれなりにあることがひとつ。それから、それ以外の仕事の段取り・準備があること。その他、プライベートなコトも含めて、やりたいコト・やらねばならぬコト・やらずにほったらかして尻に火がついてるもの・・・が山積しているコト。ワタシの方で万端では無いのでいくつかの状況については色々とオブラートな、感じですが。

一番の問題は、尻が火傷してるのにもかかわらずまるでエンジンが回転しない、というかやる気スイッチが見当たらないのか入ってないのか・・・いやはや。自分でも呆れるほどと言いますか、いや、日時の決まっているモノややらねばならぬコトはこなしてるんですよ、あたりまえだけど。でもいくらやってもカタヅカナイ、から焦ってる?のか?と思考回路がショートして凡ミスもありあり、な訳で。こんなにコントロールできてないワタシも初めて見る姿なのかも。そんなこんななので身もココロもリフレッシュの為に今朝髪を切ってきて、天気があんまり良いのでそのまま峠をブッ飛ばして、ちょいスッキリ。と、やっぱりぐだぐだと書いてるし・・・

で、お伝えできる記事も無いので前ちょっと触れた「超便利ツール」なんぞを。ワタシ達ジュエリー職人は、切る・削る・曲げる・叩く・溶接・研磨・表面加工などなど、ほとんどの作業を一人でするこの仕事は非常に道具が多いのです。それぞれの作業に複数の形状やパターンの道具が必要で尚且つ消耗品も多いのでストックもハンパ無い訳です。時に何処にしまったか忘れそうなぐらい(と言いながらどの引き出しに入ってるか頭に入ってる)小間物だらけです。

なのでこのツールは比較的大きいです。名前は「ベンチメイト」。って商品名だし日本製では無いので何と言いましょう?「自在万力」?かな。仕事のほとんどは彫金机のど真ん中にある「かすがい」というコの字型の鉄製の治具に「スリ板」という朴(ホウ)か樫(カシ)の木の板を嵌めて奥から木のクサビで固定したものの上でこなすのですが、石留や彫刻など両手で作業する時に加工物を固定しなくてはならない時があります。そんな時に活躍するのがこのツールなんです。

松ヤニをつめたピッチボールや彫刻台は持っているのですがその作業のたびにひっぱり出してきて机に載せて・・・と煩雑。と、コレは机に取り付けたテーパー状のアタッチメントにカチッと引っ掛けるだけで使えるのです。そして3軸で360度どの方向にも可動する取っ手のような本体下部を回すと加工物を洗濯バサミのように挟み込んでしっかり固定できるんですね。で、その横にある板は道具を持った右手を載せて安定した状態で作業するためのものでして。と説明お解りいただけましたでしょうか?

まぁ、とにかくこんなものをツクってるのはそう、アメリカ。ネットで注文して飛行機で4日で我が家にやってきました!アメリカはこれまた道具が多すぎて逆に使えないモノもあったりしますが(苦笑)。コレは先輩職人さんが使ってらして教えてもらって購入です。値段もお手頃価格!(決してお安くはないですが)

と、だらだら書きましたが2月もなかなかブログ更新できないかも・・・立春もやって来て啓蟄が来るころワタシももぞもぞと動きが活発になりますようにお願いしないと(誰に!)。でも仕掛の原型シリーズを完成させますよ!ひえーっ、ケツが熱い、アツイ、燃えてるぅぅぅぅ。
2013.01.17 Thursday

All movies

ご無沙汰になってしまっております・・・ちょっと本業が忙しくなってまして、新作にも原型シリーズにも何にも手を付けられません。飯の為の仕事が多いのは大変にありがたいコトなのですがね。んなもので何処かにドライブ行ったとか楽しい出来事とかツクリ以外のご報告も無い訳で・・・。あっ、道具を買いましたか、便利な道具をね。コレはコレでまた記事書くとして、今回は今までの作品の動画を一挙アップしてみました!最近youtubeで再生される回数が増えてきたので、まだ「動く」状態をご覧になられてない方、是非どうぞ!!!

2013.01.07 Monday

Seeds vol.2 "Maple-seed" Pierce


皆様あけましておめでとうございます、本年もよろしくお願い申し上げます!と、Y2K問題といわれた千の桁が変わった年から早13年、干支が一回りしてしまいました。さて、皆さんは年末年始はどのようにお過ごしでしたでしょうか?ワタシは元日に実家へ新年の挨拶に行って食べて食べて食べまくって、よく笑って。他の日は食べて寝て、夜更かしして食べて寝て・・・久々に体重なんぞ計ったらば・・・うっ、近年一番痩せていた時より7キロもふ、太ってる・・・むむむ、まずいぞコレは!どおりでカラダが重い訳ですよ。とりあえず間食は止めましたが、三食ハンパ無く食べており。どぉしたものか(汗)

と、生活も散々の夜更かしに超朝寝坊、コレもまずいので3日ほど前から仕事モードに復帰すべくリハビリ(?)をいたしまして、ようよう本日より本仕事モード、です。本業も年末からの続きがまだいくつか残ってるし、新作にも取り掛かりたいし、原型シリーズもツクり掛けてて、他にもしなきゃならないコトがあるってぇのに、なんだかスイッチが入りません・・・。ととと、愚痴っていてはいけません。エンジン全開までしばらくアイドリングしまーす。

で、リハビリ中に「種シリーズ」、"Maple-seed"「カエデの種」ピアスです。ひょっとしたらブログでピアスは初めて?かも。かる〜く、うす〜く、しかも片方だけ?アメリカンピアスタイプの金具に種部分のパールにダイヤを留めました。で、パールの至近距離で各々のパーツをロー付、なんとか焼かずにできましたよっ。

さぁ、今年は、ってか今年も、したいコト、出来るコト、やらねばならぬコト、それぞれ目標をさだめてお尻に火が付きながら忙しくできたらなと思う、2013年最初のブログアップでした。ガンバリマッス!!!
2012.12.30 Sunday

farewell 2012 & welcome 2013...and thanks!


2012年も365分の1の残。41年の人生で一番早く過ぎ去った1年間。振り返るにはあまりにも短く、しかし高密度の時間でした。自分から見つけたチャンスでは無かったけれど、ちゃんと目標を据えての前進は久しぶりでありパワー全開も清々しく気持ちの良い感触を得ることが出来ました。今まで上手く動けなかった自分が少し羽を開くことが出来たような、先の見えない暗いトンネルのピンホールのような出口を見つけたような、不思議な感覚も。

精一杯やった自分も褒めてあげたいけれど、どれだけの人に支えてもらったか、引っ張ってもらったか、プッシュしてもらったか。忘れっぽいワタシが忘れてはならないコト、しっかとココロに刻んでおかなくてはなりません。そして、来る年はもう一段の飛躍を自分にはもちろん、サポートしてくれる皆さんにもお返しできるよう新たな目標に邁進していく、そんな年にしていきます。末筆になりましたが、北海道から沖縄、そして海外から見てくださる読者の皆様、ありがとうございました!2013年もワタシのこの拙いブログにご訪問、コメントくださいませ!

良いお年を・・・。

2012.12.27 Thursday

Seeds vol.1 "Nigella" Pendant


2012年も押し迫ってまいりまして寒さも一際です。さて、今年の総括記事はまた別に書くとして、企画展後の急ぎ納品も済み、年賀状も先週早々と投函できたので残すは大掃除。なコトもあってか今頃いささか「燃え尽き症候群」っぽい。朝はちゃんと起きないし仕事はダラダラ、おまけに食べ過ぎの多量午睡。まっ、一生懸命やってきた今年だから一週間ぐらいはグズグズしても、いいかな?

と、次作品制作は予定通り年明けから、ってコトで、ちょいとジュエリーらしいモノを制作中。そして第一弾「Nigella pendant」完成です。どれだけ連作にしていくかはワカリマセンが今回は「Seeds」=「種」がモチーフです。んで、「Nigella」というのは「ニゲラ」という花ですが、その花が終わった後の実が少し変わってて、直径10〜20mmぐらいの紙風船のような形状の実の周りにとげとげした外敵から守る防護網のような囲いができるんです。その様が何故かワタシは好きなんですね、もちろん花も薄いブルーやピンク・白の可憐な一重も八重も綺麗ですよ。


WG/YG Very light grey-pearl with Diamond

極薄いグレーの南洋玉をその実にして取り巻きの「防護網」をイエローとホワイトのコンビに。只今もひとつ制作中ですが、年内完成するかな?3つぐらい出来たらお値段と合わせてご紹介、商品として販売いたします。いずれも限定1の一品です。

さぁ、土曜日で今年の仕事は終了かな。大掃除も大変だけど伝票の類いが・・・案外苦手なんですよね、まとめて整理するのが。

2012.12.25 Tuesday

Illumination & Moon


私用で出かけた久々の夜の心斎橋。随分前から御堂筋のイルミネーションはあったけど、最近はこんなに綺麗になっているとはつゆ知らず。大阪市を縦断する光の帯は赤に紫、ピンクに緑・青の色とりどり。寒空のお月様とランデブー。写っちゃないけどスゴイ人・・・。
2012.12.23 Sunday

monochrome flowers


冬至も過ぎて寒さも一段と増してきましたが出かけるいとまの無いワタシは、街は色とりどりのイルミネーションに包まれたクリスマスの空気で華やかなんだろう、と想像してみる。それが過ぎると一気に新年を迎える彩色にとって代わる、慌ただしい時間。と言っても睡眠時間がこのところ多すぎるワタシ、昨夜はへんてこな夢を見てたようで・・・。

昭和30年代ぐらいの日本の未舗装の下町を友達と歩いているのだけれども、その友達は事有る毎にマンホールや土管やブロック塀の隙間に液体化しては吸い込まれて消えていく。かと思えばまた何処かから湧き出してくる・・・夢分析だといったい何を表すんだろう?ワタシの脳の仕業ではあるけれどワタシの想像を超えてるような。と、突然電話が鳴った午前4時前、飛び起きたものの電話には出られず。まったくぅ・・・。

その夢も人それぞれ見え方が違うのだとか。特に色に関しては「総天然色」もあれば「モノクローム」の人も。ワタシはモノクロの夢は見たことが無い。しかし「色」という情報は時として錯覚を起こしたりその他の情報をスポイルするのではと思う時がある。あえてモノクロで写真を撮ってみるとソレが良く解ったり。
きっとひとつの情報(色)が削られるとソレを補おうと脳が奮起するのか、柔らかいのか硬いのか冷たいのか熱いのか、ザラザラ・つるつる・・・。質感やテクスチャーは元より、立体感に関してはフルカラーより伝わってくるから不思議だ。そうして眺めていると、なんなら削がれたその「色」さえ感じる。錯覚なのか補正なのか。


なので、意図して影を強調して狙うことの面白さがここにあるのかもしれない。色を知らない何かのモノクロを見た時は一体どんな反応をするのだろう。

クリスマスの夜更けも暗い夜空と白い雪のモノクロで、サンタの衣装の赤やトナカイの茶色い毛も見えないのかも。良き聖夜でありますように。
2012.12.17 Monday

普段のお仕事


一昨日からまったく変なモノにハマってしまいました。何かと言えば「ひこにゃん」。そう、元祖ゆるキャラ。さして、と言うか全然興味無いのですが、youtubeで検索したらファンのアップした動画があるある。で、見ているうちに何だかホッとするといか平和ボケというか妙なゆるさが心地良いような、ゆるキャラとはよくぞ言い当てたもので。具体的に何がワタシを弛緩させているかと言うと三頭身の大きな頭に、というか顎にこれまた短い手をあてがう仕草。顎(顔の縁)にポンポンっと。いいオッサンが何を言ってるんだか!?

そうそう、熊本県のゆるキャラ「くまもん」が着ぐるみの中の人をハローワークで募集しているらしい。なんか微妙な・・・。で、あるゆるキャラが不意に倒れてしまった時に中に人がいるコトを悟られまいと「あ〜あ、内蔵が出てしまいました」と取り巻きの関係者が慌ててとりつくったとか。アレには人間は入っていないコトが皆の暗黙の了解だそうで。はたまた、着ぐるみの動きを養成するスクールもあって、これが若い女の子に人気なのだとか。ふーん・・・。

と、どうでも良いコトは置いといて。これらがワタシの普段のお仕事でございまして。このブログを見てくださるリピーターの皆様の中には「キワモノをツクルヤツ」に映っている方もいらっしゃるかもしれませんが、コレが本業です。ワタシ個人のお客様からの直接オーダーやデザイナーさんから頂く仕事など。今回はデザイナーさんからのソレ。裸石と三面図を頂いてツクルいわゆる「一品モノ」です。非加熱ルビーにハート・キュー(昔は「ハート・アンド・アロー」とか言ってたかな)の綺麗なメレダイヤの取り巻きのホワイトゴールドリングです。


中石がサファイヤのリング。どちらも至ってシンプルだけど普段付けしても全然いやらしくないノーブル感がワタシは好きですね。でもツクリテ側はシンプルであればあるほど実はムズカシイのを知っているので大変気を使うんです、こーいうデザインは・・・。とにかくライン一発、ちょっとでもずれるとパッと見、すぐわかる、いやーな仕事なんですぅ。ちなみに工期はこのふたつで3日(彫留は除く)。

意外とありそうでなさそうなジュエリーらしいジュエリーのお仕事の紹介でした。で、次作品にはまだ掛かってませんが、ちょっとジュエリーをツクリたくなったので2,3点ツクってます。
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM